最近のトピック


2019/1/24 第2回勉強会「消費税とはどういう税金か、その実態」

第2回勉強会を開催致します。

2019/1/24(木)「消費税とはどういう税金か、その実態」  講師 湖東 京至(ことう きょうじ、元静岡大学教授、不公平な税制をただす会代表委員、税理士)

 

参議院議員会館 講堂(200名)、第二会場は 同B109会議室(80名)

開会 16:00 (入館証配布 15:30開始)  終了 18:30 資料代500円

 

趣旨に賛同される方はどなたでもご参加いただけます。予約申し込みは不要です。

準備お手伝い頂ける方は、当日14:20に参議院議員会館ロビーに集合ください。置きチラシ希望の方も同時刻です。

 

なお第3回は、2/28夕方 伊藤周平鹿児島大学教授に「社会保障政策と経済」についてご講演いただく予定です。

 

第2回勉強会のチラシのダウンロードはこちら

 


2019/1/15 三度おいしい「99%フォーラム」学習会の活かし方

なぜ「99%フォーラム」の学習会を立ち上げたかと云えば、野党経済政策のレベルアップの後押しが目的です。 そこで、第1回学習会の当日参加者に、皆さんから寄せられたアンケート73件(!)の熱いご意見、を立憲野党の全議員(約200名)にお届けすることにしました。

 

 当日参加されなかった議員にも、市民の声を文字で届けるのは、学習会の二度おいしい活かし方と云えます。また封筒が届けられることによって、次回学習会への議員参加が増えれば、三度おいしい活かし方と云えます。

 

 1月中旬は国会が閉会中であるために、国会議員会館の事務所はお留守が多いかもしれませんが、表に趣旨と写真を糊付けした封筒を投函しておけば、後日見ていただけるでしょう。

 

参加者から寄せられた「政党、経済政策への意見」は、「資料ページ」に掲載していますのでご覧ください。概要3ページ、詳細資料10ページ相当の迫力です。希望を見出したという意見やを政党への辛辣な意見等があります。

 


2018/12/21  経済学者が大胆提言--「野党は、こうして景気対策・雇用不安解消を!」99%フォーラム 第1回 勉強会

1. 「99%のための経済政策フォーラム」主催の第1回勉強会が、12/21衆議院第一議員会館の大会議室で開催されました。

 演題「この経済政策が日本を救う 」松尾匡(立命館大学経済学部教授)

平日の朝9:30開会にかかかかわらず、260名(衆参議員10名、代理秘書16名、候補者1名、報道4名含む)の参加者が真剣に講演に聴き入りました。市民の働きかけに応じて、多くの議員関係者が経済の勉強会に来られたことは特筆すべきことと思います。

当日の動画(UPLAN提供)はこちら https://www.youtube.com/watch?v=AEX95emhiPw

 特に1:47:00目の「税金は何のために存在しているか」というコペルニクス的驚天動地の説明は必見です。その内容を詳しく理解したい方は、動画全体と後述の資料をご覧ください。

 

2. 松尾匡教授の大胆な経済政策提案については下記資料を熟読ください。

(1)講演パワポ「この経済政策が日本を救う」(130画面) 

(国は借金で破綻しないんですか?などの質問に答える) Q&A

http://shiryouoki.sdbx.jp/2018122199forum/ 

(2)松尾匡先生の報文

反緊縮マニフェスト https://economicpolicy.jp/

経済八正道 https://economicpolicy.jp/8-fold-way/

ひとびとの経済政策研究会 https://economicpolicy.jp/

写真1枚目は海江田万里衆議員議員と大河原まさこ衆議員議員。2枚目は左から大西宏副代表、鈴木国夫代表、松尾匡教授


第1回勉強会に参加いただいた衆参議員、秘書、候補者の方々

立憲民主党
衆議院議員 海江田万里
衆議院議員 落合貴之
衆議院議員 森山浩行
衆議院議員 長谷川嘉一
衆議院議員 本多平直
衆議院議員 大河原まさこ
参議院議員 有田芳生 秘書
衆議院議員 初鹿明博 秘書
衆議院議員 辻元清美 秘書
衆議院議員 逢坂誠二 秘書
衆議院議員 山崎誠 秘書
衆議院議員 早稲田夕季 秘書
衆議院議員 青柳陽一郎 秘書
衆議院議員 山内康一 秘書
参議院議員 杉尾秀哉 秘書
参議院議員 牧山ひろえ 秘書
 衆院東京13区候補者 北條智彦

 

国民民主党
衆議院議員 山井和則
参議院議員 徳永エリ
衆議院議員 伊藤俊輔
衆議院議員 浅野哲 秘書

 

日本共産党
衆議院議員 宮本徹
衆議院議員 笠井亮 秘書
   
自由党 参議院議員 山本太郎 秘書
社民党 参議院議員 福島みずほ 秘書
沖縄の風 参議院議員 糸数慶子 秘書

-----------------------------

*国会閉会から10日経ち、東京に残っている議員さんが少ないこと、来年度予算編成関連作業で秘書さんも多忙な年末である等の条件の中、ご参加いただいた関係者の皆様に感謝申し上げます。



講演会終了後、講師を囲んでの議員昼食会を行いました。写真右列の手前から、伊藤俊輔(国民民主党衆議院議員)、本多平直(立憲民主党衆議院議員)、森山浩行(立憲民主党衆議院議員)、落合貴之(立憲民主党衆議院議員)、重なって見えませんが徳永エリ(国民民主党参議院議員、北海道からこのために飛んできて下さいました)の各議員、それに自由党山本太郎議員秘書が参加し、講師と熱心な質疑を交わしました。

皆様、野党が勝利し、改憲を阻止する流れに貢献すべく、次回もご参加よろしくお願いします。

■第2回目は、2019/1/24(木)16時 湖東京至(静岡大名誉教授、税理士)「消費税とはどういう税金か、その実態」参議員会館講堂

■第3回目は、2019/2/28(木)16時 伊藤周平(鹿児島大学法文学部教授)「(仮題)社会保障政策と経済」

 

 (注)当フォーラムは経済政策の勉強の場を、多様性を尊重して提供しています。講師の学説の当否については、講師の責任範疇において、おおいに議論され発展させられるべきものと考えています。


2018年10月「99%のための経済政策フォーラム」を設立しました

「99%のための経済政策フォーラム」設立の趣意書

1.  設立趣旨

野党には希望を託せる経済政策が見当たらないとして、4割前後の人が消極的に安倍内閣を支持する状況が続いている。アベノミクスにより破壊されたこの国の経済を立て直し、格差を減らし、国民の暮らしをよくするためには、どんな経済政策を立てるのがよいのであろうか。

 当フォーラムでは、各分野の専門家を招き、市民も議員も共に学び、議論をする。意見の分かれる問題もあるので、統一政策化までは求めず、自由にディスカッションできる学びの場とする。ここで学んだものをベースに、各自・各党が、希望ある社会に繋がる経済政策を豊かに発展させることを期待したい。そして政策の発展と連携の深まりが、改憲勢力が三分の二を占める状態を正す力となることを期待したい。

2.  勉強会の目指す方向性

(1)      方向性:

 ①アベノミクスに代わり99%の人の元気が出る経済政策

 ②消費税増税に頼らない経済政策

 ③脱原発・再エネ推進の経済政策 

(2)視野レンジ: 中長期レンジおよび短期レンジ(参議院選等)を共に視野に入れる。議員(自治体議員も含む)・市民が参加できる会場規模で、毎月開催を基本とする。第1回の勉強会を2018年12月開催予定とする。  


------ 99%フォーラム運営委員 -------

鈴木国夫【代表】(市民と野党をつなぐ会@東京、市民連合めぐろ・せたがや)

大西宏【副代表】(ビジネスコンサルタント、まちだ市民連合 )

白石孝 (NPO法人 官製ワーキングプア研究会、「ソウルの市民民主主義」著者)

小林哲雄 (ビル経営、市民連合えどがわ)

矢口望 (出版社経営、千葉県市民連合)

片山かおる (小金井市議)

志村徹麿 (ジャーナリスト、新しいせたがやをすすめる会)

羽立教江 (一票で変える女たちの会、市民連合めぐろ・せたがや)

 

 --------------------------------

 協力議員 市民主催の勉強会ですが、下記の方々にも「協力議員」として協力を頂いています。(2018/12/20現在

 

 海江田万里(立憲民主党)、川内博史(立憲民主党)、初鹿明博(立憲民主党)、落合貴之(立憲民主党)、山井和則(国民民主党)、徳永エリ(国民民主党)、伊藤俊輔(国民民主党)、笠井亮(日本共産党)、宮本徹(日本共産党)、山本太郎(自由党)、福島みずほ(社民党)、糸数慶子(沖縄の風)

 

 

「99%のための経済政策フォーラム」連絡先: ren99forum@yahoo.co.jp

 趣意書のダウンロードはこちら

 


資金カンパ振込先など

毎回のチラシ、講師謝礼等々の諸準備に経費がかかっています。長く続けるために資金面での応援をよろしくお願いします。
三菱UFJ銀行烏山支店(店番358) 口座番号0293548    口座名: 99フォーラム

 ゆうちょ銀行 世田谷千歳台郵便局 口座記号 0170-6  番号451678   口座名:99フォーラム


この「99%のための経済政策フォーラム」設立の母体となった「市民と野党をつなぐ会@東京」については、http://tunagu2.jimdo.com/ をご覧ください。


アクセスカウンター